リフレッシュする手法

attractive home

住宅を新築してから10数年が経過すると家のあちこちが傷んできます。この時、思い切ってリノベーションをする人も多いようです。 さらに最近は、中古住宅を購入してそのまま使うよりもリノベーションをして新しく自分の住宅として使う人も増えています。 では、リノベーションの価格は一体どれくらいなのでしょうか。これはその住宅の大きさや木造か鉄筋かにもよりますが、壁紙の模様替えや床の張り替え、一部間取りの変更、トイレの模様替え水洗トイレの交換などであれば500万円以内で収まります。一方水回りを変更する場合、例えば壁付きのキッチンを対面型キッチン、独立型キッチンにすると、その価格は700万円程度になってしまいます。

リノベーションは基本的にかなり自由度がある設計ですが、新築と違いできる範囲が決まっています。その中でもできるだけお金をかけたくないと言うのがほとんどの人の本音ではないかと思います。新築を10年や20年でリノベーションする場合は、普通は新築時の住宅ローンが残っています。また、中古住宅を購入した後リノベーションをする場合でも同様にローンが残っていることが多いのです。 リノベーションでお金がかかるのは間取りの変更よりも水回りの変更です。トイレや浴室の位置を変える人はあまりいないかも知れませんが、キッチンは場所を移動する人が多いようです。これによって100万円から150万円ぐらいは価格が変わってくるのです。